トップ / 医療脱毛で永久脱毛までの期間

永久脱毛なら医療脱毛

医療脱毛で永久脱毛までの期間

永久脱毛が出来るまでの期間とは

出力の高いレーザーを使っても、医療脱毛は1回で完了しません。個人差はありますが、最低でも5回は通う必要があるのです。しかも次にレーザーを照射するまでは、ある程度の間隔を空けなければいけません。そのため、永久脱毛できるまでには1~2年ほどかかるのが一般的です。

これにはムダ毛が生える仕組みが大きく影響しています。発毛のサイクルは「成長期」「退行期」「休止期」という3つの期間があります。部位によって異なりますが、1つのサイクルはおおよそ2~6ヶ月くらいです。その中でレーザーで毛乳頭に与えるダメージの効果が大きいのは「成長期」に限られています。

ただし、すべてのムダ毛が同じタイミングで成長期を迎えるわけではないので、時期をずらして何回も施術を行う必要があるのです。実際に皮膚の表面に出ているムダ毛の量は3割程度しかありません。1~2回レーザーを照射した程度では脱毛効果が薄く、まだまだ自己処理が必要でしょう。

このように発毛のサイクルに合わせながら、2~3ヶ月おきに施術を行います。5回照射するとしたら約1年です。多くの人はそこで効果を実感できるため、ほとんどのクリニックでは5回を1セットとした料金設定を行っています。ただしワキや口周りは数万円で済みますが、背中や脚など広範囲になると30~50万円くらいの出費になります。

実際に何回の施術が必要で、どれくらいの期間通わなければいけないのかは個人差があり、ムダ毛の量や太さ、質で変わります。施術の前にカウンセリングを受けて確認しておきましょう。サロン脱毛ほどではないにしろ、医療脱毛で永久脱毛するには思った以上に時間がかかるので、じっくり取り組む必要があるのです。

Copyright © 医療脱毛なら永久脱毛可能. All rights reserved.