トップ / 医療脱毛後にすべき事とは

永久脱毛なら医療脱毛

医療脱毛後にすべき事とは

医療脱毛後にすべき事は肌の保護

医療脱毛でレーザーを照射する時は、瞬間的に高熱が発生します。同時に冷却したり、施術後も炎症を抑える処置を行いますが、肌は一時的に熱を帯びて敏感になっています。ちょっとした刺激でも大きなダメージになってしまうのです。今後の施術のためにも肌の手入れはいつも以上にしっかりやらなければいけません。

まず施術を受けたその日は、肌を冷やして沈静化します。水で濡らして冷やしたタオルや、布で包んだ保冷材を当てて熱を取ります。当然お風呂は炎症を長引かせてしまうのでNGです。シャワーでサッと済ませて肌を温めすぎないように気をつけましょう。特に暖房が入っている冬場は要注意です。

どうしてもヒリヒリ感が残ってしまう場合は、クリニックで処方された軟膏を塗ります。化粧水やクリームなどの保湿剤をたっぷり使って十分な保湿を行いましょう。できれば刺激の少ない敏感肌用がおすすめです。

肌の火照りが収まっても、それで終わりではありません。永久脱毛できるまで医療脱毛は続けるなら、次に施術を受ける時のためにすべき事があります。

例えば「紫外線」はレーザー照射直後の肌に大きなダメージを与えるだけでなく、日焼けして肌が黒くなるとレーザーが反応するので、施術ができなくなってしまいます。外出する時は日焼け止めを塗って、徹底的に紫外線をブロックします。SPF値やPAが強力なものを選びましょう。

医療脱毛を始めた頃はムダ毛が多く残っており、引き続き自己処理が必要です。肌が敏感になっているので刺激を与える方法は厳禁。特に毛抜きを使用するのは毛嚢炎や埋没毛のリスクが高く、次の施術の効果が不十分になる可能性があります。もっとも肌への負担が少ない電動カミソリがおすすめです。

そして、とにかく保湿を忘れないようにしましょう。肌を保護するだけでなく、ふっくらさせることでレーザーの出力を高められて、効率的に脱毛できるのです。

Copyright © 医療脱毛なら永久脱毛可能. All rights reserved.