トップ

永久脱毛なら医療脱毛

医療脱毛なら永久脱毛可能

医療脱毛なら永久脱毛が可能理由

お金を払う「脱毛」と言えば、主に病院やクリニックで行う医療脱毛と、エステサロンで行うサロン脱毛の2種類があります。一見同じように思えますが、医療脱毛は「永久脱毛」が可能という大きな違いがあります。エステサロンでは一時的な脱毛しかできないのです。

医療脱毛で永久脱毛ができて、サロン脱毛で不可能な理由は使用するマシンの違いです。医療脱毛では、レーザーで毛が生える元となる「毛乳頭」を破壊します。その力は強いので医師法により医療機関でしか使用できないのです。サロン脱毛では同様にキセノンなどの光で脱毛しますが、その力はレーザーに遠く及びません。

その代わり、サロン脱毛では1回あたりの価格が安く、一度に処理できる範囲も広めです。何よりも「痛みが少ない」というメリットがあります。一方でマシンの出力が弱いために何度も通わなければならず、いつかまた同様にムダ毛が生えてしまいます。

医療脱毛であれば、痛みが強く肌への負担も大きいため、一度に処理できる範囲は限られますが、出力が強いので通うのは少ない回数で済みます。サロン脱毛のおおよそ1/3くらいです。

ただし、医療脱毛も厳密には永久に脱毛できるわけではありません。アメリカの脱毛協会による永久脱毛の定義は「最後の脱毛から1か月後の毛の再生率が20%以下」なので、パラパラと生えてくる可能性は十分にあります。あくまでもその間隔が自己処理や光脱毛よりもはるかに長くなると考えた方が良いでしょう。

医療脱毛を行うクリニックでは、アメリカの「FDA(食品医薬品局)」で認可されたマシンを使用しています。安全で脱毛の効率が良く、痛みが少ないのが特徴です。主流はメラニン色素に反応する「アレキサンドライトレーザー」で、その中でも施術時間が短縮され、痛みがほとんどない「ライトシェア」が人気です。

Copyright © 医療脱毛なら永久脱毛可能. All rights reserved.